内製工場

主要都市10か所に設置された内製工場は、大ダメージや難易度の高い修理を担当。

ヤナセオートシステムズの内製工場は、コントロールセンターとともに全国の主要都市10か所に設置。主に大ダメージや、難易度の高い修理を中心とした作業を行っています。昨今の輸入車は、車両の骨格や外板パネルに超高張力鋼板、アルミニウム、カーボンなど新素材を多数採用されており、また、メカニカルな部分でもたくさんのコンピューターでエンジンを始め、あらゆるものが制御されています。修理後の安全性、環境対応を含め、経験と勘に頼った修理では完全な復元は難しいのが、現在の車です。当社の内製工場はさまざまな輸入車メーカーの認定工場資格を取得しており、メーカー指定の修理作業を実行。メーカーが設計した車本来の機能を復元し、安全、安心な修理を提供することをモットーにしています。

内製工場案内

内製工場案内

関連会社

西日本エリアのフェラーリ認定ボディショップを運営する㈱コミネは、2017年7月からヤナセオートシステムズの関係会社として運営を開始。ヤナセオートシステムズでは、既にBPセンター三郷(埼玉)がフェラーリ認定工場として活動していましたが、これにより、関東・関西の2拠点体制でフェラーリ認定工場を運営しています。

会社名 株式会社コミネ
本社 大阪府東大阪市加納6-3-38
代表者 代表取締役社長 小峰 利通
連絡先 072-871-0618
設立 2006年6月
Page Top